近況

昨夏の軽躁は凄かった、と思っていたのですが、今年はそれを乗り越えて躁状態に突入してしまっていたみたいでした。

まあ落ち着いて考えると、めんどくさがりな私がメ○カリでバッグやフォーマル売る、売るのはともかく梱包してゆうパックで送るなんてまあどう考えてもおかしいなわけで。恐ろしい。幸いなのは、メ○カリで売れるものなど十数品しかなかったことで。いや本当に。

Twitterはてなではすごーく馬鹿にされているけど、メ○カリがあれだけ使われる理由はわかった気がしますし、私のメ○カリ体験についてはまた書けたらいいなと思ったりもする)

さすがにまずいと気付いて、主治医に申し出たところ、気持ちを落ち着けるお薬が処方されて。これが古いお薬故に物凄く効く。服用30分で眠ってしまえる。

そして抗うつ薬がバッサリ切られ(そりゃそうだ)、気分安定薬も減らされて。病歴が長いのに、薬のことなんて全然分かってなかったなあ。

明日はどっちだ。夏の舞台は観に行けるのか!?

 

 

 

 

それはもう決まっていて

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

顔と首と腕と手の甲のシミを消して消しまくるよね。

特に右の頬ね(T_T)

 

って、UVケアを怠った私が全て悪いのだが…(母は私ほどシミはないからね

ナチュラルケアでいいんだと思っていた過去の莫迦な自分に教えてやりたいよ…

 

とにかく! 若い女性の皆さま! 紫外線対策だけはきちんとした方がいいよ。油断していると泣きを見るよ。

 

オチはない

11ヶ月で6㎏の減量に成功した話 ~ポケモンGO de ダイエット~

 

開始日からポケモンGOを11ヶ月続けた結果(徒歩GOです)、6kg体重が減り、体脂肪率も5%くらい落ちました

明らかな「肥満」状態だったのが、BMI22、「隠れ肥満」と「標準」の間にクラスチェンジしたって感じでしょうか。

まだまだ体脂肪率は高いのですが、美容院と時々行くレストランの店員さんに「あれ、ちょっと痩せてスッキリしました?」と聞かれて嬉しくなりました。

  

ポケモンGO以前のゲーム経験は、子供の頃のドンキーコングと、大学入試が終って結果待ちの間に弟に借りたテトリス(…ハマりすぎて、それ以降ゲームからは距離を置きました)と、少し前に流行した「ねこあつめ」くらい。何でポケモンGOを始めようと思ったのか、よく思い出せません。流行りには乗っておこうと思ったんでしょうか。チュートリアルの三匹のうち何を選んだのかも覚えていない始末…

私の住んでいる街はIngressを楽しんでいる方が多かったようで、ポケストップが多く、特に自宅の近くに二箇所のポケストップがあってボールの入手がしやすかったのが続けられたかな、と。

長距離遠征は東北復興ラプラス祭りだけだった(いわきの小名浜ラプラスを1匹だけ捕まえました)で、お台場に一回、手に入らないポケモンの巣に何度か通った程度で、基本的に家から最寄りの公園まで往復することが多かったので、赤緑世代コンプまでがなかなか遠く、元日にプテラが孵ったのはいい思い出です。

カイリューが2匹という状況でしたが、ジム戦も頑張り、毎日20コインくらいずつ稼ぎ、イベント時には適宜課金もしました。現状でGETできていないのは地域限定のポケモンと、アンノーンカポエラーです。いつアンノーンに出会えるのでしょう…

 

飲んでいる薬の関係で自転車を運転できないので、徒歩オンリーポケ活だったのですが、今までに2,088㎞歩いたよう(GPSのゆらぎもあると思います)で、家から10分の駅まで歩くのが憂鬱だった人間がよくもまあ、歩いたものだ、と思います。

むしろ、ポケモンGOで歩くことに抵抗がなくなったのが良かったともいえます。9月頃はふくらはぎが毎日筋肉痛で夜中に攣ったりして結構辛かったけれど、今は一日20,000歩くらいは歩けるようになりました。

 

私がポケモンGOを楽しめているのは住んでいる街とIngress勢のおかげであることを感謝しつつ、これからも楽しくポケ活して、もう少し体脂肪率を落としたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

近況報告とNetflix版「火花」その後

 

約一年ぶりの更新です。「火花」から始まった林遣都熱が続いて(彼が映画「花芯」「にがくてあまい」、ドラマ「ON」(実は全話観てないのはここだけの秘密…)、初舞台「家族の基礎~大道寺家の人々~」と夏から秋に大活躍したのです…)、舞台は二度も観たりと久々の軽躁状態に突入(そういう病気です)。

その波に乗って、リビングと寝室を頑張って片付けて(ゴミを何十袋と捨て、本を売り…)、ここ数年来懸案事項だったエアコンの買い替えなど行い、年末には近場ですが4年ぶりに海外旅行に行ったり。

 

って書いていると軽躁じゃなくて躁だったんじゃないか、という気にもなりますが、躁の後に舞っているのはお約束の通りの鬱。夏から地道に続けてきたポケモンGOで何とか引きこもりを回避、ダイエットかつ現実逃避しておりました。

 (ポケモンGOの話は後日書きます)

 

そしてその間に、Netflixドラマ「火花」は、何とNHK総合で放送されました。

 

www.nhk.or.jp

 

しかし視聴率は全く振るわず(私も体調を考えるとリアルタイムは無理だった…すまん)。多くのネットメディアでは「爆死」「大コケ」などと言われたい放題でした。視聴率大切ですね。

 

(ちなみに、最終回のクライマックスシーンに北海道では大きめの地震があり、いそいでNHKを付けた方々を混乱に陥れたという噂も聴きました。あのシーンがNHK総合で映ったら驚かないほうがおかしい)

 

ががががが。

 

ドラマ「火花」が第54回ギャラクシー賞 テレビ部門「フロンティア賞」と「奨励賞」をダブル受賞しました – 株式会社 YDクリエイション

 

www.atp.or.jp

 

ギャラクシー賞で「フロンティア賞」「奨励賞」、ATP賞で特別賞を受賞!!

Netflixが日本発信のネットドラマ作ったね、頑張ったね、という意味合いもあるのではと勘ぐってしまう気持ちが私の中には正直あります。

が、「火花」が箸にも棒にも掛からない作品だったら受賞はしないでしょうし、プロの皆さまから評価された! のは本当に嬉しくて泣いております。

 

全10話530分という長尺ではありますが(NHK版は編集されて45分、最終話だけ50分でした)、前半やや冗長に感じられる部分もありますが、その分、8話から最終回までがすごいので、ちょっとでも興味を感じられたら是非。

(ものすごく正直に言ってしまうと、1ヶ月お試し期間で見られます)

 

感想についてはまだうまくまとめられないので、頑張ります。

 

 

ドラマ「火花」は見る価値あり

f:id:hatenablog:20160713103719j:plain

f:id:hatenablog:20160713103718j:plain

f:id:hatenablog:20160713103717j:plain

 

火花はいいぞ。Netflixに加入して50分×10話の長さって、ハードル高いけど、でも、見る価値あるぞ。

 

another.hatenadiary.jp

今更ながら自己紹介など(2017年6月変更)

 

 

 

夫婦ふたり暮らし@埼玉南東部。基本的には家でのんびりする日々。

 

読書:高村薫三浦しをん角田光代横山秀夫

マンガ:佐々木倫子川原泉(最近の作品は未読)。よしながふみ麻生みこと伊藤理佐(特にエッセイが好き。エビちゅなど初期作は未読)。

朝ドラ鑑賞:どの作品も好きですが、特に好きなのは「ちゅらさん」「ゲゲゲの女房」「ごちそうさん」「べっぴんさん」

サッカー観戦:夫の影響で某J1チームサポーター。最近は指定席でおとなしく観戦。

 

病歴: 当初うつ病と診断されていたものの、数年前の旅行をきっかけに躁転寛解の可能性はおそらく低いと思っている。一生服薬するのだろうな…

職歴:某金融機関に総合職で就職したものの、うつ病発症で30代に退職。

 

追記するかもしないかも。

 

 

バッグの中身・続き

 

another.hatenadiary.jp

 

深夜に書いた、一つ前の続きです。

思い切って写真を撮ってみました。久々にはてなに写真載せるので緊張します。写真が酷いのには目をつぶって下さい…

 

f:id:zakkicho:20160616122946j:plain

 

上段から

・長財布(ポール・スミス)/パスケース/ガラケー/おくすり手帳・県民手帳・万年筆

中段は、

エコバッグ(雑にたたんでるところに性格が…)/Kindle Paperwhite/メガネ入れ

下段。

ウエットティッシュ/ポーチ/ティッシュケース

…あとはこの写真を撮っているスマホ(もどき)です、と思ったらモバイルバッテリー撮り忘れた…もう気力がないのでこのまま載せちゃいます。

オチはまたしてもないです